チーク

無垢フローリング 羽目板 ウォールパネル

ミャンマー チーク[Myanmar Teak]はビルマチークの名でも親しまれており、ブラック ウォルナットマホガニーと並び世界三大銘木のひとつに数えられています。

ミャンマー チークは数ある木材の中でも非常に優れた材として世界中で愛されておりますが、Tectona hamiltoniana(Dahat Teak) はミャンマーの固有種で、現在絶滅危惧種に指定されています。

ミャンマー チークは高樹齢のため杢目が詰まって色調は濃く、もともと木に含まれる油分が多く、天然のオイル成分テクトキノンを多量に含んでおり、シロアリなどの害虫に強く、抜群の寸法安定性を誇ることから古来より船の甲板にも使用されて、照りつける太陽、荒ぶる潮風にさらされても精度に狂いが少なく、美しさが保たれると云われ、タイタニック号、クイーンエリザベスII世号、カティーサーク号、飛鳥IIなど名だたる豪華客船から戦艦「大和」、「三笠」などの軍用艦にも用いられていたことは有名です。

またその美しさから建築内装材としてもフローリングはもとより、装飾材としても愛されており、日本では明治11年日本初のリゾートホテルとして誕生し、ヘレン・ケラーやチャールズ・チャップリン、ジョン・レノンとオノ・ヨーコなど数々の著名人に愛されている箱根・宮ノ下の富士屋ホテル、ホノルルのハレクラニやタイのマンダリン・オリエンタル・バンコクなどに用いられています。

チークは世界中で植林されており、植林材としてはインドネシア産が最も有名で非常に高度な植林技術があります。

インドネシア産以外にラオス産、タイ産、ベトナム産などの東南アジア各国、アフリカのコートジボワール産、タンザニア産、南米からはコスタリア産、コロンビア産など世界中で植林されていますが、インドネシア チークは他の植林チークとは一線を画しており、最も長い歴史とその歴史に裏付けられた知識と優れた技術があります。

インドネシアの製材工場はミャンマーと比較して加工精度が高く、現在では無垢フローリングだけではなく、チーク家具に於いてもインドネシア産が主流となっており、昔ほどチークはミャンマー産以外はニセモノと云う風潮はなく、明るい色調がお好みの方はインドネシア チークを選ぶ傾向にあります。

ユニ
一枚もの
乱尺
ヘリンボーン
パーケット
羽目板・ウォールパネル
框・巾木

床暖房対応 チーク ユニ 無垢フローリング

チーク ユニ 無垢フローリング

チーク 一枚もの 無垢フローリング

床暖房対応 チーク 一枚もの 三層フローリング

チーク 乱尺 無垢フローリング

チーク ヘリンボーン 無垢フローリング

直貼り対応 チーク パーケット 無垢フローリング

チーク 羽目板・ウォールパネル

チーク 玄関框

チーク 付け框

チーク L字リフォーム框

チーク 式台

ハイフン(-)は不要です。